スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG TF で九州旅行 (その5)  霧島神宮参拝

旧海軍艦艇の艦内神社分霊元の巡拝、三菱長崎造船所の見学、そして天孫降臨の地である高千穂峰への登山をするために MG TF で九州を旅した一週間の記録の5回目、霧島神宮に参拝し高千穂峰に登山した7月30日の記録(前回の記事はこちら)


MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

霧島市国分駅前の宿を早朝に発ち、「かごしまロマン街道」を霧島神宮へと向かう。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

カーナビがあるのに道に迷ったりして、通りかかったそこは実に神々しい空間。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

霧島神宮の社号標を仰ぐ。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

神聖降臨之詩碑。

神聖降臨地 乾坤定位時 煌々至霊気 萬世護皇基 (しんせいこうりんのち けんこんくらいのさだまるとき こうこうとしてれいきいたる ばんせいこうきをまもる)

昭和27年、照国海運タンカー「霧島丸」の進水を記念して奉納された碑との事。

なお、霧島神宮はハワイ作戦等で活躍した軍艦霧島の艦内神社分霊元である。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

鮮やかな朱色の鳥居に向かって石段を上って行く。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

上りきった先にあったのは、天孫降臨の地と呼ぶに相応しい清浄感に満ち満ちた光景だった。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

眩しいまでに透き通った水を湛えた苔むす手水鉢の何と美しいことか。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

朝もやの森を背に浮かび上がる拝殿は驚くほど鮮烈。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

御祭神の名に相応しい「賑やか」な色彩。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

御神木のスギ。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

神楽殿はより明るめの朱色。



MG TF 霧島神宮
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

改めて拝殿を見る。

朱と言うより赤と言うべきか。

その例えようのない美しさに感激もひとしおの霧島神宮参拝であった。



MG TF 霧島神宮

「天孫降臨之地」、霧島神宮御朱印




プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。