スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG TF で九州旅行 (その1)  大津坂本から神戸へ

MG TF が私の元にやって来てから3年。

未だ一度も本州から外に出たことが無かったのだが、7月28日から一週間ほどかけて猛烈な暑さの中、本州を離れ九州を旅してきたので、ここに記録しておきたいと思う。

旅の目的は九州各地にある旧海軍艦艇の艦内神社分霊元の巡拝、三菱長崎造船所の見学、天孫降臨の地である高千穂峰への登山である。

どれもこれも予てより行ってみたいと思っていた場所である。

まずは7月28日。

早朝、東京を発って滋賀県の大津市を経由して神戸へ向かう。



富士川SA
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

渋滞の始まった首都高を抜けて東名高速へ。

いつものように富士川SAで小休止。

連日連夜の猛暑はこの日も続き、日差しが強い中オープンで走るのは実にしんどいものなのだが、富士川SAからは富士山の見えぬ曇り空。

でもとても蒸し蒸しする。

雨が心配なので幌は閉じたまま。



日吉大社
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

滋賀県で高速を降り、比叡山坂本へ。



日吉大社
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

京の鬼門、旧官幣大社、日吉大社。

山王権現とも呼ばれる。



日吉大社
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

神仏習合の信仰を表す山王鳥居。

日吉大社は比叡山延暦寺と関係が深く、歴史上においても様々な出来事の舞台となった神社である。

後白河法皇を悩ませる延暦寺僧兵の強訴で担ぎ出された神輿は、こちらのものであるとの事。

なお日吉大社は、ハワイ・インド洋・南太平洋の各作戦で活躍した高速戦艦、軍艦比叡の艦内神社分霊元でもある。



日吉大社
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

重要文化財の西本宮楼門。



日吉大社
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

こちらも重要文化財、西本宮拝殿。



日吉大社
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

1586(天正14)年建立、西本宮本殿。

ご祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)。

国宝。



日吉大社
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

東本宮楼門、重要文化財。



日吉大社
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

東本宮拝殿も重要文化財。



日吉大社
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

東本宮本殿は1595(文禄4年)建立の国宝。

ご祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)。



日吉大社
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

摂社、白山宮。

日吉大社には山王二十一社と呼ばれる多くの摂社・末社がある。

三宮宮・牛尾宮へは登山道を往復1時間というから、全てを参拝するのはなかなか大変な事だ。



日吉大社

日吉大社御朱印。



日吉大社

西本宮御朱印。



日吉大社

東本宮御朱印。



さんふらわあごーるど
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

日吉大社参拝を終え、MG TF は神戸へ。

ここから大分へはフェリーで楽して向かう。

船は太陽のマーキングも鮮やかな「さんふらわあごーるど」。



さんふらわあごーるど
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

さんふらわあごーるどの船内に収まるMG TF。



さんふらわあごーるど
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

19時に出て翌朝6時過ぎに着いてしまうので、船旅を楽しむと言うよりは単に寝るだけといったこの航路。

窓無しの個室で充分充分。



さんふらわあごーるど
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

神戸出航。



さんふらわあごーるど
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

夕食はバイキング方式。

用意されるメニューは一般的なものだが、どれも美味しく、大分名物のとり天と大分産の米がこの航路に相応しく嬉しいものであった。

窓の向こうの夜景を眺めながら食事をしていると、明石海峡大橋が頭の上を通り過ぎていった。

明日は大分から宮崎、九州最南端佐多岬を経由して鹿児島県の霧島を目指す。

(続きはこちら)


プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。