スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンパスペンで撮る、乃木神社巡拝(3) 善通寺市・乃木神社 その2

明治時代を代表する人物の1人、乃木希典大将。

司馬史観等によって一部の人たちから人物像を歪められているのは残念だが、私は実に尊敬すべき人だと思っている。

そんな乃木さんを祀る「乃木神社」は国内に複数ある。


今回はそのうちの一社、乃木さんが陸軍第11師団長として赴任していた香川県善通寺市の乃木神社を参拝する。



讃岐宮
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

陸軍第11師団司令部跡である乃木館の見学に続き、いよいよ乃木神社を参拝する。

乃木神社は、讃岐宮とも呼ばれる香川県護国神社の相宮である。



善通寺市 乃木神社
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

讃岐宮の北側に隣接する乃木神社。



善通寺市 乃木神社
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

神明型の鳥居の向こうに社殿を見る。



善通寺市 乃木神社
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

装飾の少ないシンプルな社殿は、乃木さんの人柄を思わせる。



善通寺市 乃木神社
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

境内は思っていたより広かった。



善通寺市 乃木神社
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

社殿内には乃木さんと静子夫人のパネル写真が向かい合って収められている。



善通寺市 乃木神社
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

参道脇の廃屋。

かつての社務所だろうか。



善通寺市 乃木神社
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

境内には工兵第11大隊正門が移築保存されている。

善通寺市がかつて「軍都」として栄えた時代の面影は、これ以外にも市内のいくつかの場所で窺うことが出来る。



善通寺市 乃木神社
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

将兵と苦楽を共にし、戦場に倒れていった軍馬を弔う碑がいくつもあった。



善通寺市 乃木神社
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

乃木さんもまた馬をとても大切にした方であった。



善通寺市 乃木神社 御朱印

讃岐宮の社務所で頂いた、乃木神社の御朱印。



讃岐宮
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

併せて讃岐宮も参拝。



讃岐宮
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

大きな奉納碇。


讃岐宮
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

ここにも軍馬が。



讃岐宮
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

香川県護国神社本殿。



讃岐宮
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

扁額には讃岐宮と。



讃岐宮
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

讃岐宮の境内と乃木神社の境内は直接行き来する事が出来る。



讃岐宮 御朱印

讃岐宮御朱印。



善通寺
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

続いて、四国八十八箇所霊場の第七十五番、善通寺を参拝。



善通寺
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

善通寺東院の五重塔。

この善通寺参拝の後、金倉寺へ行こうとしたらいきなりの大雨に遭ってしまい、傘も持っていなかったため一時間も門前の商店街の軒先で雨宿りする破目になってしまった。

今となってはこれも良いたびの思い出だが、いや、しかしこれにはまったく参った。



善通寺 御朱印

善通寺御朱印。



金倉寺
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

雨が止んでどんよりした雲も去り、4km弱離れた金倉寺へ足早に向かう。

四国八十八箇所霊場第七十六番のこのお寺、子供達が遊びに来ているは、お遍路さんの団体が来ているはで、大変にぎやかであった。

善通寺第十一師団と丸亀歩兵第十二連隊の両方を監督する乃木さんは、立地麺からこの金倉寺を宿舎に選定したということだ。

馬丁との二人暮らし、常に軍服で過ごし食事も寺の精進料理と摂っていたと、金倉寺は伝えている。



金倉寺
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

乃木さんが宿舎にしていた金倉寺客殿は期間を限っての公開となっている。

この日は公開日ではなかったので、残念ながら塀の外から屋根を眺めてお仕舞い。



金倉寺 乃木将軍妻返しの松
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

乃木館にも解説が展示されていた「乃木将軍妻返しの松」。

明治31年の大晦日の夕刻、相談事があってはるばる東京からやって来た静子夫人を、乃木さんは面会もせずに返してしまったという出来事に由来する松だ。



金倉寺 乃木将軍妻返しの松
OLYMPUS PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / KODAK PROFOTO XL 100

面会を拒絶された静子夫人は帰り際、この松の傍らでしばし佇んでいたという。

怠惰な生活を送っている私など、乃木さんの厳しさに絶句してしまい、静子夫人が可哀想に思えてならない。

しかし、部下が家族と自由に会えぬ日々を過ごしている以上、乃木さんも自身にそれを科す必要があったんだろうな・・・。

私には到底マネの出来ない事だけど、何より己に厳しい乃木さんの姿勢・・・これには強く感銘を受けるところだ。



金倉寺 御朱印

金倉寺の御朱印をいただいて、香川県善通寺市の乃木神社参拝行を終了とする。


プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。