スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンパスペンで撮る御所・橿原附近皇陵巡拝(11 ) 神武天皇陵参拝

昭和16年に発行された山陵会 編「近畿ハイキング・コース」記載の「御所・橿原附近皇陵巡拝コース」を歩く旅。

前回の橿原神宮参拝に続き、今回は初代天皇である神武天皇陵参拝に向かう。

橿原神宮外拝殿から表参道経由で神武天皇陵遥拝所までの徒歩距離は1.7kmだ。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

橿原神宮から神武天皇陵へ向かうには北参道を通って県道125号に出るほうが距離短縮になるのだが、今回はあえて表参道を歩いた。

「建国の聖地 橿原神宮」。

高貴な紫、その色がとても美しい。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

県道125号を歩く。

歩道は自転車帯と歩行者帯が分けられている。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

古代の宮殿のような雰囲気の奈良県立橿原公苑第1体育館。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

神武天皇陵の最寄り駅は畝傍御陵前駅。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

県道に面して立つ陵号碑。

ここからは遥拝所を見ることは出来ない。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

お馴染み、宮内庁の注意書き。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

広くて長い参道がカーブする。

さすが、初代天皇の御陵だけのことはあるといった感じ。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

ようやく、遠くに遥拝所が見えてくる。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

遥拝所に到着、16時12分。

スケールの大きさに思わず感嘆の声を上げてしまう。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

今日巡拝してきた他の御陵にはなかった手水鉢があった。

油断していたので、危うく見落としてしまうところだった。

早速、身を清める。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

神武天皇畝傍山東北陵(じんむてんのううねびやまのうしとらのすみのみささぎ)を拝す。

「近畿ハイキング・コース」内の「橿原神宮及附近聖地巡りコース」に記載されている解説文を引用。

神武天皇陵
畝傍山東北陵(うねびやまうしとらのみささぎ)と称し奉る。
天皇は橿原に即位し給い始馭天下之天皇(はつくにしめすすめらみこと)といい号して神日本磐余彦天皇(かむやまといわれひこのみこと)と称し奉る。
後に奈良朝時代に追諡して神武天皇と称し奉る。
天皇は実に人皇第一代の太祖にまします。
御陵は円墳にして周囲には東西七十三間、南北六十四間の土畳を廻りし其の外に更に濠をめぐらす。
御拝所は土畳の内にあり御拝門は神明門で其の上に白砂を敷いた広場がある。
外廓として東西百二十六間、南北九十六間の石の玉垣がある。




御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-PL5 / M.Zuiko 40-150mm F4-5.6 / ドラマチックトーン

初代天皇である神武天皇は紀元前660年の新暦で2月11日に即位、紀元前585年まで、76年の在位だ。

古事記には137歳、日本書紀には127歳で崩御と記されている。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-PL5 / M.Zuiko 40-150mm F4-5.6 / ドラマチックトーン

神武天皇の実在性、東征の史実性、御陵の治定の妥当性については様々な見解があるようだが、実際にこうして拝していると「まあ、それはそれ、これはこれ」といった気持ちになる。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-PL5 / M.Zuiko 40-150mm F4-5.6 / ドラマチックトーン

日本国民統合の象徴である天皇及び皇室の祖は神代にまで遡る。

即ち皇祖神、天照大御神(あまてらすおおみかみ)である。

そのアマテラスの子の中に正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)があり、

そのアメノオシホミミと髙木神の娘・万幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきづしひめのみこと)との間の子に天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにぎしくににぎしあまつひたかひこほのににぎのみこと)があり、



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-PL5 / M.Zuiko 40-150mm F4-5.6 / ドラマチックトーン

高天原から高千穂へ天孫降臨したニニギと大山津見神の娘・木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)との間の子の中に火遠理命(ほおりのみこと)、亦の名を天津日高日子穂穂手見命(あまつひたかひこほほでみのみこと)があり、

そのホオリと綿津見神の娘・豊玉毘売命(とよたまびめのみこと)との間の子に天津日高日子波限建鵜草葺不合命(あまつひたかひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)があり、



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-PL5 / M.Zuiko 40-150mm F4-5.6 / ドラマチックトーン

そのウガヤフキアエズと豊玉毘売命の妹・玉依毘売命(たまよりびめのみこと)との間の子の中に神倭伊波礼琵古命(かむやまといわれびこのみこと)があり、

そのイワレビコノミコトが日向の高千穂から東征し、大和の橿原に畝傍橿原宮を建て、践祚して始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)と称したのが神武天皇なのである。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-PL5 / M.Zuiko 40-150mm F4-5.6 / ドラマチックトーン

御陵内の畝傍陵墓監区事務所にて御陵印を頂く。

といっても、神社や寺と違って自分で自由に押すのである。

スタンプ感覚といったところか。

今回巡拝した御陵の御陵印は全てこの事務所に保管されているが、飯豊天皇陵と日本武尊白鳥陵の御陵印は今は置いていないようでちょっと残念。

というわけで御陵印を押して、神武天皇の御陵、畝傍山東北陵の参拝を終え、次に向かう御陵はこの皇陵巡拝最後の場所、第2代綏靖天皇の桃花鳥田丘上陵である。  (続く)



御所・橿原附近皇陵巡拝
神武天皇御陵印



御所・橿原附近皇陵巡拝 橿原神宮~神武天皇陵

より大きな地図で 御所・橿原附近皇陵巡拝 橿原神宮~神武天皇陵 を表示


プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。