スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンパスペンで撮る御所・橿原附近皇陵巡拝(6 ) 齊明天皇陵参拝

昭和16年に発行された山陵会 編「近畿ハイキング・コース」記載の「御所・橿原附近皇陵巡拝コース」を歩く旅。

前回の日本武尊白鳥陵参拝に続き、今回は第37代天皇である女帝の齊明天皇陵参拝に向かう。

徒歩距離は3.5kmだ。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

日本武尊琴弾原白鳥陵を降り、集落の中を北に進む。

正面の小山の左端に第6代孝昭天皇玉手丘上陵が望める。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

田間の小路を行く。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

「鑵子塚古墳」と示された方へ向かう。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

市民運動場を過ぎ、秋津鴻池病院まで来ると、行く先は何とも寂しげな感じがしてくる。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

誰も居ない山の中に入っていくようで、ちょっとドキドキ。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

と思ったらすぐに長閑な田園風景が開けて、ホッとする。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

まるでウニのようにまん丸な墳丘、国の史跡「掖上鑵子塚古墳 (わきがみかんすづかこふん)」だ。

残念ながら過去の盗掘によって埋葬部は荒らされているとの事。

埋葬者は不明だが、出土品から相当の実力者であることが窺えるという。

周囲の水田は、鎌倉時代までは水をたたえた周濠であったらしい。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

凄い場所にクルマが。

落ちたのか、置いたのか。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

小山の多い場所を過ぎ、やがて視界が開けると、そこには駅の跨線橋があった。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

相対式ホームを見ながら踏み切りを渡る。

ホームに人影は見られない。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

JR和歌山線の掖上駅の前を行く。

一日の平均利用人員数は150~170人との事で、これは山手線1両の定員と同等の数字だ。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

駅前の奈良県道211号は細い道。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

細い県道211号からさらに細い道へと左に折れ、駅のある柏原地区から、曽我川の向こう、車木地区に向かって歩く。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

御所市に別れを告げ、ここからは高取町である。

長閑な景色に水の流れる音が心地よい。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

豊かな実り。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

葛城山。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

曽我川を越えて車木地区へ。

屋根裏の換気孔?の形状が面白い。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

案内に従い、カーブミラーに映っている道へと左折する。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

参道の石段が丘陵の茂みの中に消えていく。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

体力的に階段を登るのはあまり気が進まないのだが、登らなければ話にならない。

よし頑張ろうと、気合を入れて歩を進める。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

息が切れてきた頃、見慣れた宮内庁の注意書きが現れた。

「天武天皇妃大田皇女越智崗上墓」とある。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

大田皇女(おおたのひめみこ)。

天智天皇の皇女にして第41代持統天皇の同母姉。

後に第40代天武天皇となる大海人皇子の妃となったが、即位前に亡くなられ、祖母の斉明天皇、叔母の間人皇女と共に葬られた。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

天武天皇妃大田皇女越智崗上墓を拝し、さらに石段を登って行く。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

登り始めに入れたつもりの気合も、この頃には雲散霧消。

ヒーヒー言いながらだらしなくよじ登っていくのが精一杯。

足は動くんだが息が上がってしまうのよね・・・。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

見上げる。

あともう一息。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

12時47分、ようやく遥拝所に到着。

普通の状態ならそれほど厳しい登りとは言えないのだろうが、朝8時から歩き詰めの身にはなんともキツい参道だった。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

齊明天皇越智崗上陵(さいめいてんのうおちのおかのえのみささぎ)を拝す。

最近の発掘調査によって、明日香村の「牽牛子塚古墳(けんごしづかこふん)」が齊明天皇陵として有力視されているが、宮内庁では現在もこの越智崗上陵を齊明天皇の御陵と治定している。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

御陵の周囲を歩くことが出来るようだが、残念ながら時間が押しているのでまたの機会にという事にした。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

「御所・橿原附近皇陵巡拝コース」記載の解説文より引用。

齊明天皇陵
越智岡上陵(おちのおかのえのみささぎ)と称し奉る。
天皇御名は寶皇女・天豊財重日足姫天皇(あまのとよきしげひたりひめのてんのう)とも称し、敏達天皇の曾孫にして第三十五代及び第三十七代の天皇に亘らせる。
即ち、前朝を皇極天皇、後朝を齊明天皇と称し奉る。
陵は高さ十六尺、周囲八十間程の円墳である。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-P5 / M.Zuiko 17mm F1.8 / ドラマチックトーン

645年、有名な大化の改新によって同母弟の孝徳天皇に譲位した第35代皇極天皇は、孝徳天皇崩御により再び天皇の地位に就いた。

即ち第37代齊明天皇である。

譲位が日本史上初なら、重祚も日本史上初という、記録に残る天皇である。

この辺りは大化の改新前後の政治的力学に左右されての事情があっての事であり、この女帝には色々悩みや気苦労も多かったのではなかろうか・・・。

皇極天皇としての在位期間は642年2月19日から645年7月12日。

655年2月14日に齊明天皇として重祚し、661年8月24日に68歳で崩御された。



御所・橿原附近皇陵巡拝
PEN E-PL5 / M.Zuiko 40-150mm F4-5.6 / ドラマチックトーン

皇女・間人皇女(はしひとのひめみこ)、皇孫・建王(たけるのみこ)、そして大田皇女と共に眠る齊明天皇。

あるいは明日香村へも参拝に行くべきかな・・・と思いながら、越智崗上陵の澄んだ空気で荒い息を落ち着かせ、次に向かう御陵は第28代宣化天皇の身狹桃花鳥坂上陵である。  (続く)



御所・橿原附近皇陵巡拝
齊明天皇御陵印



御所・橿原附近皇陵巡拝 日本武尊琴弾原白鳥陵~齊明天皇陵

より大きな地図で 御所・橿原附近皇陵巡拝 日本武尊琴弾原白鳥陵~齊明天皇陵 を表示


プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。