スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG TF で九州旅行 (その6)  高千穂峰登山

旧海軍艦艇の艦内神社分霊元の巡拝、三菱長崎造船所の見学、そして天孫降臨の地である高千穂峰への登山をするために MG TF で九州を旅した一週間の記録の6回目、霧島神宮に参拝し高千穂峰に登山した7月30日の記録(前回の記事はこちら)



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

霧島神宮の参拝を終え、神秘的な鹿児島県道480号霧島公園線を高千穂河原へと向かう。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

高千穂峰の登山口、高千穂河原ビジターセンター。

ここから霧島神宮古宮址を経由して頂上を目指す。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

かつて、この場所に霧島神宮の社殿があったが、文暦元年(1234年)の噴火で焼失してしまったとの事。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

その後、昭和15年に皇紀2600年記念事業の一つとして「天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)」が作られ現在に至る。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

古宮址を過ぎると森の中の登り道。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

噴火によって積もった小石によって歩きにくい道を進んで行くと、森がバッサリ切れたその先に岩だらけの急斜面が見えてくる。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

喘ぎながら登る岩場から望む新燃岳。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

振り返ると高千穂河原ビジターセンターがあんなに遠くに。

改めて、登るのも大変だが下るのも心配になるような斜面に溜息が出る。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

御鉢、馬の背から見る山頂はまだずっと向こう。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

己が歩む山腹の傾斜に目を疑う。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

霧島神宮元宮を拝し一休み。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

疲労困憊の私と違って元気一杯な子供達のグループが御鉢を越えて元宮にやって来た。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

御鉢を振り返る。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

ようやくたどり着いた高千穂峰山頂。

標高は1573m。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

「天孫瓊瓊杵尊降臨之霊峰(てんそんににぎのみことこうりんのれいほう)」。

神々は上から、私は下から。

ルートは違えども、この地にやって来た喜びは私も天孫御一行も同じであろうと思う。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

坂本竜馬が引っこ抜いたとかいう「天逆鉾」。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

山頂には何故かカメムシが沢山飛んでいた。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

激しい地下の活動を感じさせるカラフルな地層が露出する。



高千穂峰
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

湧き上がる雲を背にした天逆鉾を目に焼きつけ、弾む心とヨロヨロの足でビジターセンターへと下山する。

とても楽しい霧島連山高千穂峰への登山であった。



鹿児島中央駅
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

この日は鹿児島市内で疲れた身体を休め、明日は鹿児島県枕崎市火之神岬町、第二艦隊将兵鎮魂の地「平和祈念展望台」に向かう。

スポンサーサイト
プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。