スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンE-P5写真帳(1) 巨大戦艦大和展を見に呉へ


PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

広島県呉市の大和ミュージアムで、原寸再現した大和の第一艦橋内部、艦首側部分の展示をメインとする「巨大戦艦大和展」が開催されているので出かけて来た。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

新幹線と在来線で呉に着いたのはお昼だったので、まずは御飯を食べに呉の中心街へ向かう。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

あご(とびうお)のダシが自販機で売られていたのには驚いた。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

久しぶりに中通3丁目の自由軒へ。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

デミグラスソースがかかった戦艦大和のオムライスを頂く。

添えられていた紅茶はストレートではなくチャイだった。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

本通りを歩いて大和ミュージアムへ。

海上自衛隊呉教育隊に大和の主砲弾を見る。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

しばらく歩いて大和ミュージアムに到着。

平日なのにけっこう人が居た。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

早速、第一艦橋を拝見。

手すりが邪魔だが、雰囲気は充分。

数点の展示物が撮影禁止となっていたが艦橋内部等は撮影自由だったこともあり、ここを先途とばかりに撮影するやら自分が操艦している妄想に浸るやら。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

九〇式特三号磁気羅針儀の向こうに見える大和の艦首。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

多くの出版物で承知はしていたが、実際に体感してみると大和の第一艦橋は実にコンパクトだ。

誰もいなくてこれなのだから、司令長官や艦長から伝令まで勢ぞろいしたらさぞかし狭苦しかったろうな。

ましてやレイテ湾を目前にして栗田さんと宇垣さんがギスギスした空気を発散させていた日にゃとてもとても・・・。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

艦橋内部配置の解説図。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

敵艦の針路を表示する、的針受信器。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

速度受信器と回転受信器。

毛筆体で表示されてるのが面白い。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

十二糎双眼望遠鏡。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

ピカピカに輝く伝声管。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

測距受信器。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

時計と舵角受信器。

レプリカを「戦艦大和の時計」なんて売り出されたら買ってしまうだろうな。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

電圧式速度計。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

手ブレてしまったが、風向受信器。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

風速受信器。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

速力受信器。

こちらは速度受信器と違って、文字がゴシック体だ。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

戦艦武蔵の第一艦橋内写真。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

再現艦橋ではこんな感じ。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

メイン展示物以外にも多数の展示品が目を引く。

精密な大和の部分模型。

理屈抜きで格好イイ。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

一週間捲一型。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

艦長室の絨毯。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

これも「戦艦大和の絨毯」として発売されたら買ってしまうな。



大和ミュージアム 巨大戦艦大和展
PEN E-P5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

大和艦橋の見学の後は椿庵で「海軍定食」を食べて、今回の呉訪問を終了とする。

鯨カツ、美味しかった。


スポンサーサイト
プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。