スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG TF で秋の磐梯高原(その5)

雄大な自然を満喫できるドライブコースで名高い磐梯高原。

鮮やかな高原の秋色を求め、新鋭カメラ・オリンパスペンE-PL5と共に MG TF で磐梯吾妻スカイラインと磐梯吾妻レイクラインを走った、その続き。


MG TF 磐梯山ゴールドライン
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

秋の磐梯高原ドライブも残るは磐梯山ゴールドラインだけとなった。

磐梯山の表と裏、2つの余りにも異なる表情を間近に望むことのできる道である。

実に楽しみであるが、その前にちょっと寄り道。



MG TF 桧原湖
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

裏磐梯で最も大きく、唯一周遊道路のある桧原湖を一周しよう。



MG TF 桧原湖周遊レトロバス 森のくまさん
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

湖の東側の道路は走り易かったが、西側の一部区間は対向車とのすれ違いも難しいような細い道があった。

ビューポイントも何箇所かあったが、木々によってクリアな眺望が得にくい場所が多かった。

MG TF の前を行くバス、ずいぶん古そうなバスだなあと思ってみていたら、ボンネットが生えていて「裏磐梯じゃボンネットバスが路線バスとして現役なのか」と驚いた。

後で調べてみると、これは桧原湖周遊バス「森のくまさん」で、昭和42年製との事。

ずいぶん年季がはいっているが、天ぷら廃油を精製した燃料で走るという実に大したバスなのだ。

味わい深いスタイルのレトロなバス・・・思いもかけずランデブーできて、ちょっと得した気分の桧原湖周回であった。



MG TF 磐梯山ゴールドライン 桧原料金所
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

磐梯山ゴールドライン桧原料金所。

さあ、磐梯山を拝みに行こう。



MG TF 磐梯山ゴールドライン 望湖台
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

最初のビューポイントは望湖台。

道路がカーブしている辺りから桧原湖が見えるとの事だが、木々に遮られてよく見えなかった。



MG TF 磐梯山ゴールドライン 黄金平
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

裏磐梯、迫力の光景。

磐梯山の爆烈噴口を間近に望む黄金平。

山そのものが粉砕される程の大噴火の痕跡、これは一見の価値ある圧巻の眺めだ。



MG TF 磐梯山ゴールドライン 八方台
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

爆裂噴口に圧倒されつつ、八方台に移動。

標高1194m、ここは磐梯山ゴールドラインの最高所である。

磐梯山や猫魔ヶ岳、雄国沼への登山口として週末は大変賑わうとの事であるが、平日のこの日は閑散としていた。



MG TF 磐梯山ゴールドライン
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

傾きゆく太陽が、黄色く染まった木々を鮮やかに照らす。



MG TF 磐梯山ゴールドライン とび滝展望台
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

とび滝展望台。

爆裂噴口の凄まじさが嘘のような、穏やかな磐梯山を仰ぎ見る。

夕日を浴びる「赤磐梯」は事の外美しいものであった。



MG TF 磐梯山ゴールドライン 滑滝展望台
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

とび滝展望台から先に進んで滑滝展望台。

磐梯山ゴールドラインのビュースポットは駐車スペースがとても広い。



MG TF 磐梯山ゴールドライン 山湖台
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

最後のビュースポットは山湖台。

猪苗代湖を一望する絶景ポイントだ。

今日は一日よく走ったなあ・・・と、しみじみ思いながら美しい猪苗代湖の姿を眺める。



MG TF 磐梯山
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

磐梯吾妻スカイライン・磐梯吾妻レークライン・磐梯山ゴールドライン。

無事、全て走り終えて・・・



MG TF 磐梯
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

・・・陽が沈む。



MG TF 喜多方ラーメン
PEN E-PL5 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

最後に喜多方でラーメンを頂いて磐梯ドライブは終了である。

曲がりくねった道を軽快に駆ける MG TF 、小気味良く鮮やかに風景を切り取るペンE-PL5、そして美しく雄大な磐梯の風景・・・今日はとても良い旅が出来た。

磐梯の道は最高だなあ・・・しかし、日本にはこれに勝るとも劣らぬ道がまだまだあるだろうな・・・。

MG TF にオリンパスペンを乗せてもっともっと旅してみたいと思わせる、そんな福島県は磐梯高原で過ごした一日であった。

スポンサーサイト
プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。