スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGBで北海道岬めぐり 9日目 大洗フェリーターミナル

さんふらわあ
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-150mm F4.0-5.6

この日は7時30分に目が覚めた。

昨日までならとっくにMGに乗って走っている時間である。

眠い目こすって4時に起きる毎日が続いていたが、久方ぶりにのんびりとした朝を太平洋上で迎えることとなった。



さんふらわあさっぽろ 朝食
PEN EE-3 / D.Zuiko 28mm F3.5 / FUJICOLOR PRO400

朝ごはんを食べるのも久しぶりだ。

バイキング式で、内容は定番といったところだ。

しかしこれが中々美味しく、特にお粥さんが気に入ってしまった。

というわけで「居候三杯目はそっと出し」、用意された料理の減り具合に目を配っている船員さんに意地汚いところを見られるのが恥ずかしく料理カウンターとテーブルをこそこそと、それでもしつこく4往復、お代わりに次ぐお代わりで鱈腹満腹のフェリー飯であった。



さんふらわあさっぽろ
PEN EE-3 / D.Zuiko 28mm F3.5 / FUJICOLOR PRO400

突き出た腹をさすりながら甲板を散歩。

船旅は良いもんだ。



大洗フェリーターミナル
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

船内売店で買い物をしたり、甲板のウッドチェアーに座って海を眺めたり、ペンE-PL2で撮影した画像を見返したりしている内に、さんふらわあさっぽろは大洗に到着した。



MGB さんふらわあさっぽろ
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

下船。

旅は終わった。

正確にはこの後も家に帰るまでの長い道のりが控えているのだが、それは旅ではなく単なる帰路と言うべきであろう。

大洗に着いた私の胸に、まるで祭りの後の喪失感のようなものが広がる。

この喪失感は、しかし、旅が満ち足りたものであった事の証でもあるのだ。

初めて訪れた北海道の果ての地。

幌を開け放ったMGBの運転席に押し寄せてくる景色が、大気が、匂いが、私を魅了し尽してくれた。

走行距離3445km。

おばあさんMGの小さなタイヤが回転した数だけ思い出が出来た。

4台のペンカメラの小さなシャッターが切られた数だけ思い出を残せた。

素晴らしい体験をさせてくれた北の大地に大いなる感謝を、そして古いクルマとカメラに心から労いを捧げ、この岬巡りを了としよう。



MGBで北海道岬めぐり走路図
北海道岬巡り走路図

スポンサーサイト
プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。