FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGBで北海道岬めぐり 8日目その3 支笏湖 ・ 苫小牧フェリーターミナル

襟裳岬を離れ、この旅も愈々最終行程だ。

夕方に出港する大洗行きのフェリーに乗る為、おばあさんMGは苫小牧へとひた走る。

だが、フェリーに乗る前に立ち寄らねばならぬ場所がある。

支笏湖だ。


MGB 国道276号樽前国道
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

襟裳岬を発った後はフェリーに乗り遅れるわけにはいかないこともあり、MGを止めずにひたすら走り続け一気に苫小牧市街にたどり着いた。

幸い乗船手続きの時間まで余裕を作ることが出来たので、市街を抜けて支笏湖を目指す。

国道276号、樽前国道の空は青く爽快を極む。



MGB 国道276号樽前国道
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

道の両側は手付かずの原野だろうか。

見慣れた下向き矢印とももうすぐお別れだ。



MGB 支笏湖温泉駐車場
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

平日ではあるが、流石に支笏湖は賑わいを見せていた。



支笏湖
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

支笏湖の眺めは美しい。



支笏湖畔
PEN EE-3 / D.Zuiko 28mm F3.5 / FUJICOLOR PRO400

湖畔の緑も実に鮮やか。

年季が入ったペンEE-3のセレンもこの鮮やかな光に上手く反応してくれている。



支笏湖温泉 お食事処寿
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

実を言うとコレが食べたくてここに来たのだ。

チップのちらし寿司。

チップとはヒメマスの事である。

トロリとした身の美味しいこと!



MGB 国道276号樽前国道
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

チップの味に大満足して支笏湖を後にする。

長い旅の最後の道だ。

この光を存分に浴びながらハンドルを握る。

この景色を目に焼き付けながらゆっくり走る。

この空気を胸いっぱい吸いながらフェリーターミナルに向かう。



MGB 苫小牧フェリーターミナル
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

苫小牧フェリーターミナル着く。

いや、「着いてしまった」と言いたい気分だ。



さんふらわあさっぽろ
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

はるか茨城県は大洗までおばあさんMGを運んでくれるのは「さんふらわあさっぽろ」である。



MGB さんふらわあさっぽろ
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

8日間踏みしめていた北海道の大地を離れ、おばあさんMGはフェリーの内部に納まった。



さんふらわあさっぽろ
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

大奮発、4人部屋を独り占め。



ソフトカツゲン マンゴーカツゲン
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

船窓から苫小牧を眺めつつ飲むカツゲンの味は格別である。



チップ(ヒメマス)のにぎり
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

支笏湖で作ってもらったチップの握りも併せて賞味。

さっきちらしを食べたばかりだが、どれだけ食べても支笏湖のヒメマスの味は応えられない。

美味、全くもって美味。



苫小牧
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

さんふらわあさっぽろは岸壁を離れる。

さようなら、苫小牧。



苫小牧
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

さようなら、北海道。



北海道岬めぐり 8日目

より大きな地図で 釧路~苫小牧 を表示

プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。