スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGBで北海道岬めぐり 4日目その2 礼文島 澄海岬 桃岩

稚内からハートランドフェリーにて礼文島へ上陸を果たしたおばあさんMGと私。

早速礼文島の北端スコトン岬を観に行ったのに続いて、こんどは澄海岬へと向かう。



MGB 礼文島
PEN W / E.Zuiko 25mm F2.8 / KODAK EKTAR 100

神崎小学校のT字路から澄海岬へ伸びていく道。



MGB 礼文島
PEN W / E.Zuiko 25mm F2.8 / KODAK EKTAR 100

地図で見ると北海道本体の大きさに幻惑されしまい礼文は小島との印象を持っていたのだが、この堂々たる景色を見てなかなかどうして、礼文は実にスケールの大きな島であると認識を新たにした。



MGB 澄海岬
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

澄海岬の駐車場。

事故防止の為止むを得ないことではあるが、目の粗いガーゼを貼ったような斜面の様は景観を著しく損ねていると感ぜられる。



澄海岬
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

美しき澄海岬。



澄海岬
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

「澄海」の言葉通りに、海は碧く澄んでいる。

名は体を現す。

しかしこの「スカイ」の名、北海道にしては珍しくアイヌ語由来の地名ではないとの事。

ちょっと残念か。



澄海岬 トド肉
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

駐車場内の売店でトド肉に挑戦。

お店の方によると、入念な下処理と味付けをしてから焼き上げているとの由。

それでもやはりクセは残り好き嫌いの分かれる味ではあるが、何の個性も無い味ならばわざわざここでトド肉を食べる意味がないのだから、自己主張あるこの味に私は好感を持った。



MGB 礼文島 久種湖
PEN FT / H.Zuiko 42mm F1.2 / FUJICHROME VELVIA 100F

トド肉の昼食を終え、MGは一旦香深へ戻る。

途中見た久種湖が眩しい。



MGB 利尻島
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

道道40号と上泊崎へ向かう道とのY字路から利尻島を望む。



利尻島
PEN FT / H.Zuiko 42mm F1.2 / FUJICHROME VELVIA 100F

利尻山、またの名を利尻富士。

利尻岳とも。

日本百名山にして新日本百名山であり花の百名山にして新・花の百名山。



MGB 礼文島 シャトルバス
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

香深からシャトルバスの後に付いて走る。

「REBUN 」・・・礼文島の形をハートに見立てているが、私には礼文島はハートというよりクリオネか何かの類に見える。



MGB 礼文郡礼文町香深村知床
PEN W / E.Zuiko 25mm F2.8 / KODAK EKTAR 100

停車したバスの脇をすり抜けてどんどん進んでいくと、集落の中を通る北海道道40号礼文島線は愈々普通車のすれ違いさえ全く不可能な、道路というより路地みたいな状態になっていく。

前からクルマが来たらどうしようと顔を引きつらせながら走ることしばし、突然現れたのは礼文島の果てであった。

礼文郡礼文町香深村知床。

西海岸を縦断する道路の無きをもって、ぐるりと一周することが出来ない礼文島の、ここが南の行き止まりなのだ。



礼文郡礼文町香深村知床
PEN W / E.Zuiko 25mm F2.8 / KODAK EKTAR 100

行き止まりから西を見る。

険しい海岸線だ。



MGB 礼文島 桃岩
PEN W / E.Zuiko 25mm F2.8 / KODAK EKTAR 100

知床、道道40号礼文島線の終端から香深へと来た道を引き返し、次なる目的地・桃岩へと向かう。

礼文の東から西へ山道を走ると、高低差の有るダイナミツクな景色が古いMGを迎えてくれた。



MGB 礼文島 桃岩
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

猫台・桃岩の展望台に登ると・・・



MGB 礼文島 桃岩
PEN W / E.Zuiko 25mm F2.8 / KODAK EKTAR 100

そこには歓声を上げたくなるような素晴らしい眺めが広がっていた。

礼文島、至高の風景。

オリンパスペンWの小さな25mmレンズが、感動を鮮やかに記録してくれた。



北海道岬めぐり 4日目

より大きな地図で 礼文島 を表示

スポンサーサイト
プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。