スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGB、最前線の城に突入す

MGB
PEN F / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

平成22年最後の観光ドライブとして、茨城県坂東市の「逆井城」を訪ねた。

関東制覇を目指す小田原北条氏の、下総国における最前線基地だった城だ。

ドカーンと大きな天守閣がそびえ立つお城に比べると地味な感じだが、戦国期城郭の姿をよく伝える極めて貴重な史料価値の高い城跡公園との事である。

つまり、空想の大嘘大天守閣を立ててしまったお城なんかとは比較すべきでない存在なのだ。


逆井城
PEN F / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

城自体は北条氏滅亡と共に廃城となってしまった為、この物見櫓や城門、大手橋は復元された物だが、見ているだけで戦国の荒々しさが伝わってくるようだ。


逆井城
PEN F / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

北条氏の家紋「三つ鱗」が見える。


逆井城
PEN F / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

観音堂は天正年間に建てられたものを移築。

コダックのエクター100によってお堂の赤がかなり強調された。


逆井城
PEN F / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

元は下総関宿城にあった薬医門形式の城門。


逆井城
PEN F / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

物見櫓内部も開放されている。


逆井城
PEN F / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

駐車場でおとなしくしているMGB。

この地は公共交通の便が極めて不自由な為、車がないと訪れるのは大変だ。


逆井城
PEN F / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

お堀の対岸から見る城の姿には「前線拠点」の威容が色濃い。


MGB
PEN F / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

時間の都合でほんの一部分しか見れなかったが、緑の季節になったらまた訪れてみよう。

スポンサーサイト
プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。