スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れのMGB

4年間、私の傍にいてくれた1977年式MGB「おばあさんMG」。

北海道の宗谷岬から福岡の門司に至る楽しく長い旅行や近所のスーパーへの買い物に付き合ってくれた彼女だが、新しく購入する車とバトンタッチということで今月をもってお別れすることとなった。



MGB
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

私にとって4台目のMGである彼女。

初めて買ったMG・・・ミジェット1500が、買ったその日、家に帰る途中で動かなくなりショップに運ばれていってしまったのを皮切りに、その後のMGも皆路上で故障してだらしなく行き倒れてくれたが、このおばあさんMGは厳しい状態になっても屈することなく必ず家に辿り着いてくれる真に天晴れなMGであった。

細かいトラブルや不具合は色々あったが、健気に走ってくれる良き同伴者であった。



MGB
PEN S 2.8 / D.Zuiko 30mm F2.8 / FUJICOLOR PRO 400

端正なスタイル、低いフロントスクリーンがもたらす開放感。

MGBは乗って楽しく、見て嬉しい車であった。



MGB
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

心情的・・・と言うより実用的であるからこそ、私はMGBを愛した。



MGB
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

退屈な国産ハッチバック車からこのMGBに乗り換えるとき、私は納車されるその日を一日千秋の思いで待ち焦がれていた。

MGBに取って代わられるハッチバック車には何の未練も感じなかった。

今、このMGを手放し次の車の納車を待つ私の心は暗く重い。

勿論、新しくやって来る車を楽しみにする気持ちが無いわけでは無い。

だが、彼女を手放す事の後ろめたさが心を沈ませるのだ。

罪の意識すら感じてしまうのだ。



MGB
PEN E-PL2 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ

しかし、お別れはもう決まったことだ。

今は、去り行く彼女に心からの感謝を捧げるべきだろう。

私の人生に全く存在していなかった新しい体験と感動を作り、残してくれたおばあさんMG ・・・ 本当にありがとう、本当にありがとう。


スポンサーサイト

MGBで宇宙戦艦ヤマト2199観賞

MGB 宇宙戦艦ヤマト
PEN E-PM1 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

萩・山口から戻り、今日はわざわざ千葉県の柏まで行ってきた。

久しぶりにおばあさんMGの出動だ。



MGB 宇宙戦艦ヤマト
PEN E-PM1 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

柏に行った理由はこれ、公開初日を迎えた「宇宙戦艦ヤマト2199」の観賞だ。

旧作と比べて絵がキレイ過ぎて、例えば冥王星前線基地から飛来した超大型ミサイルを迎撃するシーンなどは骨太で荒々しかった迫力が薄れて物足りなくもあったが、まあ、これは何でも昔は良かったと言いたがるジジイの戯言、クオリティが格段にアップしストーリーもキチンと練られている「2199」には大いに満足することができた。

今後の続編公開が実に楽しみだ。



MGB 宇宙戦艦ヤマト
PEN E-PM1 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

「限定版」の名に弱い私、当然のように「劇場限定版Blu-ray」を購入し、ルンルン気分でお花見へ。

あら、萩の桜はほぼ満開だったのに、こちらはまだこんなに寂しいお姿。



MGB 宇宙戦艦ヤマト
PEN E-PM1 / M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

蕾であっても、今年も無事桜を見られた事に感謝。




ネオパンSSで撮るMGB

mgb-photo1203-07
PEN S 3.5 / D.Zuiko 28mm F3.5 / FUJI NEOPAN SS

だいぶ以前にオリンパスペンSの3.5で撮った写真。

フィルムはフジのネオパンSS。

上手な人が撮ったモノクロ写真は並みのカラー写真より遥かに饒舌で、その点私のモノクロ写真は単に色が無いだけの取るに足らないものばかりなのだが、これはマシな方かな?

空のザラリとした感じが気に入っている。


萩のMGB

最近MGBに乗る機会が酷く減っている。

もうMGBには飽きたから乗ってない・・・というのなら良いのだが、決してそうではなく、単に仕事が忙しくて時間がとれず乗りたくても乗ることが出来ないのだ。

頭の中ではここへ出かけよう、あそこに行こう、と空想を巡らせているのだが・・・。

4月の休暇も所用で山口の萩へ、MG抜きで行くことになるので、当分ロングドライブは望めそうにも無い。

したがってMG関連でこのブログに掲載するようなネタも無いので、以前撮影した写真でお茶を濁そうと思う。


MGB 山口県萩市
PEN FT / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

山口県萩の萩城址にて。

オリンパスペンを持って萩に行くと何故か天気が思わしくない事が多いのだが、この時は良い青空に恵まれた。



MGB 山口県萩市
PEN FT / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

緑色の車体は周囲によく溶け込み、景色を邪魔しない。



MGB 山口県萩市
PEN FT / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

古い英国車と土塀の取り合わせは抜群だ。



MGB 山口県萩市
PEN FT / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

調和しているね。



MGB 山口県萩市
PEN FT / G.Zuiko 20mm F3.5 / KODAK EKTAR 100

4月に行く萩はこんな風に晴れてくれるだろうか。


MGBのトノカバー

MGB
PEN E-P1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

おばあさんMGのトランクにトノカバーが入りっ放しになっている。

一度も使ったことが無い・・・どころかトランクから出して広げたことも無かったので、ちょっと虫干しがてらに取り付けてみた。

すっかり縮んでいて、今にも破けそう。

この状態で走ってみた感想はと言うと・・・なんか窮屈で好かんなあ、といったところ。

見た目は悪くないんだけどね。


プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。