スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG - 心情的スポーツカー? で箱根に行く

MGB

CAR GRAPHIC の71年4月号、「天気晴朗なれど寒気凛列という日ならなおいいから、幌を下ろして東名から箱根をひとめぐりしてみろ」 と、小林彰太郎先生。

そこで、38年もの時を超え、私も箱根でMGモータリングを満喫してみる。



MGB

1971年の2月初旬、一群の古いMGで埋まった芝浦の日英自動車前の通り。

その日英自動車も今はなく、2009年2月初旬の現在は 「HOTEL JAL CITY 田町」 に。



MGB

38年前のMG達は、芝浦3丁目を出発した後どのルートで東名へ向かったのだろうか。

CG誌には、品川手前で第1京浜を右折して切通しの坂を通ったことしか触れられていない。

きっと芝浦3丁目を発ち、八千代橋の三叉路を三田方面へ、札の辻交差点を左折し第1京浜、そして高輪2丁目のT字路を右折して登る桂坂がその切り通しなのだろう。

セカンドで上ってみると、成程いい音。

そのまま桜田通りを突っ切って日吉坂上を左折して目黒通り、等々力6丁目で上野毛通りへ入り、上野毛駅前の交差点で環八通り、そして用賀に至る。

一群のMGが通った道。 道は同じだが景色は違う ・・・ あの時周囲にはどんな街並みが広がっていたのだろう。



MGB

膚を刺す寒風をついて、オープンのBで東名を走りに走る。

38年前小林先生が運転したMG-TCは23才、私のMGBは今32才、いたわって走ってやらなければならないのはどっち?

ガラガラの東名をトコトコと100km/h程度でBをいたわる。



MGB

ハイランド・ホテルで朝食後、芦ノ湖スカイラインをアタックに向かう。



MGB

芦ノ湖を眼下に憩うが、1950年代のアルパイン・ロードにてと言っても人は信用するだろうか?



MGB

TCはオーバーヒートし、熱湯を吹き上げた ・・・ さて、MGBは?



スポンサーサイト
プロフィール

戊申丸

Author:戊申丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。